東大阪ブランド認定製品

  • No.1製品
  • 産業
  • 専用道具・器具

エンジニアリングプラスチック球(ポリプロピレン球)

エンジニアリングプラスチック球(ポリプロピレン球)

エンジニアリングプラスチックとして不動の地位を築く
佐藤鉄工株式会社
容易にリサイクルが可能
エンジニアリングプラスチック球(ポリプロピレン球)は、水に浮くほど比重が軽いプラスチックを使用した、ポリエチレンなどに比べて高い耐熱性を持つ製品です。自動車部品や家電製品向けなどの構造材料に用いられています。またリサイクルが容易で、焼却時に有毒ガスが発生しないのも特徴です。

製品の特長

「エンジニアリングプラスチック球(ポリプロピレン球)」の特長画像_01
非吸湿性であり、汎用樹脂の中では耐薬品性が高いことも製品の特徴となっています。
「エンジニアリングプラスチック球(ポリプロピレン球)」の特長画像_02
使用例1:レベルゲージ 液体(オイルなど)やガスなどのタンクの外部にレベルゲージとして使用されています。
「エンジニアリングプラスチック球(ポリプロピレン球)」の特長画像_03
使用例2:ロールオンタイプ容器 薬や香水などを塗布する、ボールペンの先端を拡大したような容器に使用されています。

会社概要

佐藤鉄工株式会社
1950年の創業以来、半世紀の間「鋼球一筋」に徹し、あらゆる素材を球形(ボール)に加工する球体専門メーカーとしてその球製造技術を高く評価されている。大阪府技術協会から「匠」賞を受賞。
このページのトップへ